やっぱり事故車でも高く売りたい!事故車買取のポイントなどを分かりやすく解説します

事故車の場合は、査定額も大きく下がることになりますし、状態によっては値段がつかないこともあります。
一般的な中古車買取業者では対応できないケースもありますが、こうした車を専門に扱う業者なら良い価格がつく可能性もあります。
修復して海外で販売する、部品を取り外して再利用するなど様々な方法で活用しています。
査定は無料という業者も多いので、まずは無料査定を利用して現在の車の価値を調べてみることもおすすめです。

やっぱり事故車でも高く売りたい!事故車買取のポイントなどを分かりやすく解説します

中古車を売る場合でも、リスクの高い事故車では買取価格が大幅に下がるケースも珍しくありません。
修復してから査定をするという方法もありますが、修理代のほうが高くなるおそれもあります。
事故車を高く売るポイントとしては、できるだけきれいな状態にしておくことや、純正部品を揃えておくことなどがあげられます。
そして、業者を選ぶときも事故車の買取を積極的に行う業者であるかどうかを確認しておくことも大切です。
車に価値がないと判断されても、部品の再利用などで買取の対象になるケースもあります。

事故車買取は市場価値を知るところから始まる

事故車を売りたいという時には、買取相場を調べることがまず第一のポイントです。
一つのショップに持っていって即決してしまうと、他の方が実は買い取ってもらえる場合もありますし、市場価格を調べる事で高いのか安いのか把握することも出来ます。
事故車の場合は状態や車種や年式によっては、買取不可能で廃車扱いになることも想定されます。
しかしプレミアのある限定車であったり、部品としての価値がある車や人気のある車の場合は事故車であっても思っていたよりも高値で買取してもらえるという可能性も有ります。
どちらにしてもまずは情報リサーチをして、出来るだけ実績のあるお店に持っていくことが理想ですし、そのために口コミ評判でも高評価されているshopを探すことが大事なポイントです。
大手のショップよりも、意外と街にある何でも買取OKと言われているようなところの方が、高く買い取り可能なケースも有りますので情報リサーチは重要です。

事故車買取では必ず複数の買取業者を比較しよう

車を手放すときは、買取業者に依頼するケースも増えています。
下取りよりも高値になることが多いのもその理由ですが、車の状態によって査定額は大きく変わります。
比較的新しい車や人気メーカーのものでも、事故車となると査定は大きく下がる傾向にあります。
場合によっては、価格がつかないことおまるといわれています。
とはいえ、事故車買取に強い業者であれば良い価格がつくことも期待できます。
まずは査定をしてもらい、どのぐらいの価値があるのかを調べてみましょう。
そして、事故車買取に対応している業者でも、どこでも同じ価格になるというわけではありません。
業者ごとに査定額は変わります。
やや手間はかかりますが、少しでも高く売るなら複数社で査定をしてもらい、比較してみることもおすすめです。
早く結果を得たい場合は、ネットの一括査定を活用することもおすすめです。
純正部品が揃っていることも高額査定につながりますので、カスタマイズなどで他の部品と交換している場合も、用意しておくことをおすすめします。

事故車買取では自分の車の良いところをアピールしよう

事故車買取依頼をする際には、ショップ選びも重要です。
できるだけ高く買い取ってくれるショップを探すことがポイントですが、クチコミ評判やランキングも参考になりますので、まず情報リサーチからはじめていきましょう。
ちなみに見積もり時には、自分の車の良いところをアピールすることで買取価格がアップする可能性もおおいにありますので、一方的に見てもらうということだけは避けましょう。
なんの世界でも交渉によって少しでも有利になる可能性がある場合は、積極的に話をすることが理想的です。
事故車の場合は、見た目の第一印象であったり、動く動かないというのもポイントになってきます。
しかしそれ以外でも、例えばレアな車であったり限定があればそれを出していくのがお勧めです。
特に査定をする査定士のレベルが高ければ高いほど、そういった付加価値のある情報を伝えることで価格に反映される可能性も高くなります。
まずはショップ選びから始めていくことをおすすめします。

どうしても事故車買取が不可能なケース

事故車とはフレームやダッシュパネル、トランクフロアパネルなど車の骨格部といえる部分が損傷していて、破損している部分を交換または修理することで走行できるようになった車のことです。
骨格が損傷しておらず、単純に部品を変えただけであれば事故車として扱われることがありません。
またフレームから取り外しができる部品であれば、交換や修理の履歴があっても売却する場合、不可能ではありません。
加えて大手の買取業者は車を買い取ることで海外へ輸出したり、解体して目的の部品について売買したり、国内オークション出品を行います。
ですがローンが組まれていて支払いの最中である車や、車の所有者が明確ではない場合には売却ができないことも考えられます。
事故車の売却の場合通常の売却時より査定相場より、金額が下がります。
多額のローンの支払いが残っている車の場合は売却をせず、ディーラーかローン会社に相談をすることが必要です。
さらに売却は、売り手と買い手が明確になっているために成立します。
事故車で乗らない車という理由で勝手に売買をすることも不可能なので、車について履歴を明確にすることも重要です。

著者:田中光

筆者プロフィール

神奈川県横浜市生まれ。
事故車に関する記事を書いています。
横浜の事故車買取ならこちら!